FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 私的学究無線業務 」

アマチユア業務 金銭上の利益のためでなく、もつぱら個人的な無線技術の興味によつて行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務をいう。
(電波法施行規則 第三条 十五 原文のまま)

アマチユア局 金銭上の利益のためでなく、専ら個人的な無線技術の興味によつて自己訓練、通信及び技術的研究の業務を行う無線局をいう。
(電波法施行規則 第四条 二十四 原文のまま)

つまり、アマチュア無線とは、アマチュア無線局を開設してアマチユア業務を行うことであり、法令上「アマチュア無線業務」が「”素人無線業務」ではなく「私的学究無線業務」である。

        アマチュアコード

        ・アマチュアは、良き社会人であること
        ・アマチュアは、健全であること
        ・アマチュアは、親切であること
        ・アマチュアは、進歩的であること
        ・アマチュアは、国際的であること
スポンサーサイト

「 JT65Aデビュー 」

今日の早朝は40m(WSJT-X FT8)のコンデションが良いにもかかわらず、欧州(ドイツ、イタリア、ハンガリー、ドバイなど)が良く見えましたが、弱小局故に電波は届かず。
WSJT-X FT8でCQを出しても近隣国からもさっぱり呼ばれない状況。

そうこうしているうちに日が昇ってしまったので、初めてJT65ーHFで40mの国内QSOデビューしました。
CQを出したらあっという間に11局と交信できたのですが、JT65ーHFは送受信にそれぞれ1分かかるので、WSJT-X FT8の15秒に比べると非常に長く感じられますね。
また、国内QSOの場合、後からJCC/JCGナンバーなどを送ってくることもあるので、もう1サイクル受信する必要もあるようです。
デジタル国内局では、e-QSLに登録していない局が意外と多いという印象。 紙で発行になります。

デジタルは初めてまだ2週間ほど。WSJT-XとJT65ーHFをうまく使い分けてDX/JAのQSOを楽しみたいものです(^^♪。

JT65A.jpg


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



「 JARL東京都支部大会 」

平成29年度JARL東京都支部大会」に行ってきました。

18JARL東京1

司会は、シンガーソングライターで、アマチュア無線局「JH1CBX」局長の”Masaco”さん(^^♪。

18JARL東京2

式次第
1.開会の辞
2.支部長挨拶
3.ご来賓のご祝辞・ご紹介
4.平成29年度東京都支部事業(中間)報告
5.平成28年度東京都支部収支決算報告
6.平成29年度東京都支部事業収支決算(中間)報告
7.平成30年度東京都支部事業計画(案)
8.平成30年度東京都支部予算(案)
9.その他

10.JARLの現状と最近の取り組みについて
 JARL会長「JG1KTC」高尾義則さんの長~いお話 (;^_^A 。
 JG1KTC局とは、昔々、6mで2回ほどQSOしています。
 アマチュア無線局は微増らしいが、日本の人口ピラミットと同様に、60代以上が多いようで、若年層を増やすのが課題だ。

11.特別講演『EME月面反射通信の世界』
 JH1KRC局のユーモアを交えたお話 ・・・ 面白かったが、これも長~いお話 (;^_^A。
 Facebookでも時々投稿しています。勉強になる。

12.お楽しみ抽選会
 これを楽しみに来ていたのに、JARL会長のお話と特別講演で時間が無くなったらしく、一部の抽選しかできずに終了。
 抽選できずに終わった賞品はどうするんだ~。

13・シークレットゲストご挨拶
 武蔵野市の現市長、松下玲子氏のご挨拶 ・・・ お父様がアマチュア無線家らしい。

14.”Masaco”さん特別ミニコンサート
 歌唱力があり、若さ爆発のコンサート(^^♪ ・・・ 盛り上がりましたね。

18JARL東京3

18JARL東京4

15.JARL会員限定 最新ハンディ無線機の当たる特別抽選会
 ・・・当たらず ・・・ (;^_^A。

16.記念集合写真撮影
 舞台側から客席側の人を撮る変わった記念撮影

17.閉会の辞
 支部大会実行委員長のはずだが、17時になってしまったので、なんとなく流れ解散に ・・・

来年も今頃開催予定らしい。
場所が武蔵野市なら自宅から近いので、参加できそうです。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング





「 デジタル通信 デビュー 」

昨日の早朝、40mでデジタル通信WSJT-X FT8モードデビューができました♪

欧州や南米はデコードできるのですが、呼べど叫べど(キー・クリックするだけですが)相手にされないので、フィリピンからCQを出されていたフィリピン在住の日本人の局をコールしたところ応答がありました。
JTLinker経由のハムログ書き込みもできたし、JTAlertXでe-QSLの交換も終了。

デジタル通信による初QSOでした!

180125_JH1FNS.jpg

距離にして3,000km
180125_JH1FNS_PSK.jpg

10Wにベランダの7mh、VCHアンテナだとこんなもんでしょうか。

夜になってCQを出してみました。
韓国から呼ばれて”73”で無事QSO終了。というか、WSTJT-Xは操作上の時間的余裕がないので、「Auto seq」を使いましたが、気が付いたらQSOが完了してました(;^_^A。
 JTAlertXも無事動いてe-QSL交換済。 JTLinker経由でハムログ書き込み済。

180125_HL1JLF.jpg

なんとなく運用の仕方が解ってきました。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング





「 I/F基板動作確認(送信) 」

[ 送信設定・動作確認 ]
送信レベルの設定の基本は、受信同様、上流側を絞ります。 つまり、アプリケーションのオーディオ出力を絞って送信出力を調整します。 

①無線機送信出力 > ②I/F基板 > ③パソコンオーディオ出力 > ④アプリケーションオーディオ出力

上流側の信号が強すぎると、変調信号が歪んでしまい、受信側(交信相手側)でうまくデコードができません。
無線機の”ALC”が振れすぎると変調信号が歪むことになりますので、アプリケーション出力を絞ってALCが振れない程度に設定します。

1.③パソコンオーディオ出力を30%程度にします。
Audio_LEVEL.jpg

2.WSJT-Xの送信出力(初期設定)

wsjt-x送信レベル初期値 最初は、WSJT-Xの送信出力を最大値に設定しておきます。



3.無線機にダミーロードを接続します。

4.送信テスト操作
 送信メッセージ” VVV JI1NNE ”を書き込み、<Enable TX>ボタンをクリックすると、送信を開始します。
 15秒間送信→15秒間休止→15秒間送信 の動作を繰り返します。

送信テスト_FT8

5.②I/F基板のボリューム調整
送受信レベル調整  I/F基板のボリューム( 左図の”TX” )を回し、無線機送信出力が80%くらいになるようにします。


送信電力_絞り1

6.無線機送信出力の確定
wsjt-x送信レベル調整値 WSJT-Xの送信出力バーを動かし、無線機送信出力が50%くらいになるようにします。



 ”ALC”メーターがほとんど振れなくなります。
 調整方法は、個々の無線機で違うと思いますが、「ALCを振れさせない」が基本になります。

送信電力_絞り2

※以上でI/F基板の動作調整は終了です。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング






プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。