スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WELZ SP-220

WELZ(DIAMOND?)製SWR&パワーメーター、SP-220を入手しました。
いつ頃の製品かわかりませんが、古いものでキズやサビがあります。
1.8~200MHzの範囲で、2W/20W/200Wのパワーレンジ切換えが可能。
2WレンジはQRP機の電力をモニターするのに都合が良い。

SP-220_1.jpg

AVG電力(平均電力)とPEP電力 (Peak Envelope Power:尖頭包絡線電力)を切り換えて測定可能なので、SSB運用時の電力モニターに便利です。

こちらは50MHz帯CWモードでAVG電力のモニター:
SP-220_2CW.jpg

こちらは50MHz帯SSBモードでPEP電力のモニター:
マイクから700Hzのシングルトーン信号を入力してみました。
SP-220_2SSB.jpg

校正もしていないので、あくまで目安ですが、実用上、電力モニター、SWR計として、問題なく使えそうです。
TRIO KENWOODのモニタースピーカーSP-120と横幅がほぼ同じなのも良いですね。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



スポンサーサイト

「 7MHzアンテナSWR特性 」

3か月ほど前に製作したリターンロスブリッジ簡易周波数特性測定システム(FRMS2)で7MHzVCH式アンテナのSWRを測定してみました。
FRMS2 V1.43ではSWR測定モードが追加されています。

160910_RLB.jpg

このフラットな波形は、50Ωのダミーロードの場合です。
おおむね全体でSWR1.1以下。

160913_FRMS_1.jpg

こちらは、75Ωのダミーロードの波形です。
SWRは約1.5になってますから、問題ないようです。

160911_FRMS_2.jpg

そして、7MHzVCH式アンテナのSWR特性がこちら。

160913_FRMS_3.jpg

縦の赤い点線をドラッグして左右に動かし、緑の線と交差した位置の周波数とSWR値が下にリアルタイムで表示されます。
dfは2本の赤い線の間の周波数幅。この場合、SWR1.5以下の帯域が110kHzを示しています。今日は雨の影響か、ディップ点が低い方に移動しているようです。
アンテナアナライザーのようにフィールドフットワークはよくありませんが、自宅で使うには便利なツールです。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



「 DE-5000購入 」

秋月電子でLCRメーターDE-5000 」を買いました。
本体7,800円+ミノムシクリップアダプター(TL-21)780円で8,580円。
2年前、本体価格は4,700円でしたが、円安のあおりで1.6倍になっています。
LCRメーターとはコイルのインダクタンス:L、コンデンサの容量:C、そして抵抗値:Rを測る測定器です。
今更説明することもないでしょう。
スペック等は、秋月電子DE-5000を参照してください。

DE-5000.jpg

購入の決め手は、JA9TTT/1加藤OMの”【測定】DE-5000 Test Report.”でした。
クリスタルの並列容量が測れるというので、購入を決めました。
ラダー型クリスタルフィルタの設計のためには、クリスタルの並列容量Cpを0.1pF単位で精度よく測定する必要がりました。
実際に、現在製作中のクリスタルフィルタに使用しているクリスタルの並列容量を測ってみました。

        Cp測定_151114

4.5pFという測定結果は、当初設計していた数値より高めでした。
フリーの回路設計ソフト”EasyXF”で計算してみました。

      クリスタルフィルター計算結果

帯域500Hzを実現するためには、もう少しC、2Cを増やしたほうがよさそうです。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



「 FRMS2 水晶発振子の測定 」

2週間ほど前に製作してそのままになっていたFRMS2簡易スペクトラムアナライザ)でジャンクの水晶発振子(11.275MHz)の特性を測ってみました。 あくまで味見なのでインピーダンスはアンマッチです。

11275kc水晶発振子の測定②

下の写真のような水晶発振子の発振特性は本の世界(技術書)でしか見たことがなかったので、自分の机上で再現できて感動しました。 技術の進歩ですね。
グラフの左の山:直列共振周波数11.273MHz
グラフの右のへこみ:並列共振周波数11.298MHz

11275kc水晶発振子の測定①


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



「 FRMS2 完成 」

FRMS2が完成しました。

FRMS2本体完成③

FRMS2本体完成① フロント側からリア内部を見たとこ
 ろ。



FRMS2本体完成② リア側からフロント内部を見たとこ
 ろ。



FRMS画面②
 パソコンでFRMS2アプリVer.1.43を起動したところ。
 Ver.1.41から操作部と表示部が分離されています。
 フルスクリーンで表示できると思ったのですが、表示サイズはこんなもんです。



 FRMS2ハードとパソコンアプリが通信の上手くいくと、青色のインジケ-タ-がスィ-プします。(下の写真赤 部分)

FRMS画面2

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。