fc2ブログ

NanoVNA-H4を購入した

ベクトルネットワークアナライザー< NanoVNA-H4 >を購入しました。
以前、”NanoVNA”は購入したのですが、以前のものは、
・画面が小さい(2.8インチ)
・測定範囲が50KHz-900MHz
でした。

今回の購入は1200MHz帯の測定をしたいなと思ったから。
Nano-VNA H4は画面が4インチで1.5GHzまで測定できます。

NanoVNA-H4_1

バックパネルを外すと、バッテリーは内蔵されていて、シールドもされているのが確認できます。
バッテリーには何の印字もないので、容量はわかりません。

NanoVNA-H4_3

パッケージの詳細は以下のとおり。
1..NanoVNA本体(4インチタッチパネル、電池を含む)
2.USBType-Cデータケーブルx1
3. RG316RFケーブルx2
4.SMA簡易キャリブレーションキットx1
(SHORT、OPEN、LOAD)
5.Type-CからType-Cケーブルx1
6.ピック
7.ノート

NanoVNA-H4_2

とりあえず、電源は入ったので、一安心。
パネル保護シートは貼ったので、あとは、バッテリーを充電して、後日、キャリブレーションを実行してみます。

NanoVNA-H4_4

まずはここまで。

小電力広帯域ダミーロードキットの製作

大進無線で販売されている 小電力 50Ω 6W 高特性ダミーロード( DC~1.5GHz 6W MAX )「DL-6W」を2セット購入。
1セットを製作しました。
詳しい製作マニュアルが付いてきます。

ダミーロードDL-6W_1

チップ抵抗のはんだ付けは老眼にはちょっと厳しい(;^_^A。

ダミーロードDL-6W_2

同軸コネクタのはんだ付けは55wのはんだごてを使いました。
手直しありかな?
ダミーロードDL-6W_3

近日、
DJ-G7 → SWR計(SP-1200) → DL-6W の接続でDJ-G7のパワーを測定してみよう。




1.2GHz対応 SWR & POWER メーター発掘♫

シャックの棚の奥から1.2GHz対応のSWR &POWERメーターSP-1200」が出てきた(^^♪
昔々、マキ電機のトランスバーターでSSTVをやっていた頃に買ったものです。
試しにDJ-G7のパワーでも測ってみよう。

SP-1200-1

バックは検出部(N接栓)が表示部とが分かれている。
WELZの標準表示部を使うための工夫ですかね?

SP-1200-2

※2年ぶりにブログ復活 www

WELZ SP-220

WELZ(DIAMOND?)製SWR&パワーメーター、SP-220を入手しました。
いつ頃の製品かわかりませんが、古いものでキズやサビがあります。
1.8~200MHzの範囲で、2W/20W/200Wのパワーレンジ切換えが可能。
2WレンジはQRP機の電力をモニターするのに都合が良い。

SP-220_1.jpg

AVG電力(平均電力)とPEP電力 (Peak Envelope Power:尖頭包絡線電力)を切り換えて測定可能なので、SSB運用時の電力モニターに便利です。

こちらは50MHz帯CWモードでAVG電力のモニター:
SP-220_2CW.jpg

こちらは50MHz帯SSBモードでPEP電力のモニター:
マイクから700Hzのシングルトーン信号を入力してみました。
SP-220_2SSB.jpg

校正もしていないので、あくまで目安ですが、実用上、電力モニター、SWR計として、問題なく使えそうです。
TRIO KENWOODのモニタースピーカーSP-120と横幅がほぼ同じなのも良いですね。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



「 7MHzアンテナSWR特性 」

3か月ほど前に製作したリターンロスブリッジ簡易周波数特性測定システム(FRMS2)で7MHzVCH式アンテナのSWRを測定してみました。
FRMS2 V1.43ではSWR測定モードが追加されています。

160910_RLB.jpg

このフラットな波形は、50Ωのダミーロードの場合です。
おおむね全体でSWR1.1以下。

160913_FRMS_1.jpg

こちらは、75Ωのダミーロードの波形です。
SWRは約1.5になってますから、問題ないようです。

160911_FRMS_2.jpg

そして、7MHzVCH式アンテナのSWR特性がこちら。

160913_FRMS_3.jpg

縦の赤い点線をドラッグして左右に動かし、緑の線と交差した位置の周波数とSWR値が下にリアルタイムで表示されます。
dfは2本の赤い線の間の周波数幅。この場合、SWR1.5以下の帯域が110kHzを示しています。今日は雨の影響か、ディップ点が低い方に移動しているようです。
アンテナアナライザーのようにフィールドフットワークはよくありませんが、自宅で使うには便利なツールです。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)ライフメンバ会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告