スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同軸用CMF(コア直列)の設置

同軸用CMF(コアを直列にした場合)をVCH式アンテナに接続しました。
送受信には悪影響はないようです。
コモンモードノイズの発生がないのか、ノイズ抑制効果は確認できていません。

170224_CMF.jpg


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング

スポンサーサイト

同軸用CMFの特性(続)

【前回の続き】
コアを直列にした場合の同軸用コモンモードフィルター(CMF)の特性を測定しました。
2個のFT-240-#43それぞれに3D2VをW1JR巻きしたものです。

CMフィルター_170217_特性11

前回同様、CMF両端の心線と編線をそれぞれショートして測ることになるので、単に高周波チョークとして測定することになります。

測定結果:
CMフィルター直列_170220_特性

2.4~20MHzの範囲で-30dB以上減衰しています。
3.5MHz帯以上では使えそうです。
20MHz以上はFRMSの測定範囲外なので、わかりませんが、21MHzでも使えるのではないでしょうか。

この結果からだけ見ればコア直列の方が良いように思います。

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング

同軸用CMFの特性

簡易スペアナFRMSで同軸ケーブル用コモンモードフィルター(CMF)の特性を測ってみました。 CMFは以前製作したFT-240-#43を2個重ねた上に3D2VをW1JR巻きしたものです。
CMF両端の心線と編線をそれぞれショートして測ることになるので、単に高周波チョークとして測定することになります。

測定用のケーブルはあり合わせのものを使用したので、長いし、全体をシールドしていないので、外乱の影響があるかもしれませんが、これで測ってみました。 とにかく測ってみたかったわけで、突っ込みなしでご容赦を。
CMフィルター_170216_特性1

CMフィルター_170216_特性2

ノーマライズ後、ホット側をはずして、オープン状態でアイソレーションを確認すると、-60dB 以上はあるようです。
減衰量の目安は-30dBのようなので、大丈夫か。
CMフィルター_170216_特性5

測定結果:
CMフィルター_170216_特性4

・3~10.8MHzの範囲は-30dB以下
・10.8MHz~は、概ね-28dB程度
3.5MHz帯~18MHz帯では使えそうです。20MHz以上はFRMSの測定範囲外なので、わかりません。

この種の部品類は作って、使っただけでは性能はわからないままで終わってしまうことが多い。 一応測定してみて、観てみる価値はあったようです。
フェライトコアを直列にしたらどうなるか。 (続く)


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング


アンテナ切替器

ヤフオクで落札した通過型SWR&パワー計に”おまけ”でついてきた自作アンテナ切替器

170216_アンテナ切替器1

170216_アンテナ切替器3

電源コードとスナップスイッチなので、普通のリレーでも駆動しているかと思ったら同軸リレーがついてました。(^^♪

170216_アンテナ切替器2

全てジャンク扱いでしたが、SWR&パワー計の動作は問題ないし、アンテナ切替器も6mでは問題ないので、コンペジター無し3k円は得した気分。

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



VCH式アンテナのSWR

7MHzに特化したVCH式アンテナをベランダに固定すべく、長々と設置工事と調整やっていましたが、ようやく落ち着いてきました。

170211_VCH1.jpg

ベランダの金物に以前製作したクロスマウントを取り付け、釣り竿部分を固定し、給電部分には写真の通りフロートバランとコモンモードフィルターを取り付けました。 ラジアルは3本です。

170211_VCH2.jpg

フロートバランとコモンモードフィルターだけの状態でFRMSでSWRを測定すると、7.100MHz付近で1.5くらい。オフセットをいじれば、もうちょっと下がるかもしれません。

2017-02-11 FRMS_SWR1

以前入手した東京ハイパワーのマニュアル・アンテナカップラーを接続して調整すれば、当然バンド内どこでもSWRは1.0に近づきます。(下写真)
2017-02-11 FRMS_SWR2

アンテナの帯域が狭いですからCWもSSBもAMもやりたい場合は、アンテナカップラーでSWRを下げてあげるしかないでしょう。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。