fc2ブログ

「6ch同軸アンテナ切替器の製作(測定編)」

6ch同軸アンテナ切替器の製作(製作編2・完成)」の続き

NanoVNA-H4を使って6ch同軸アンテナ切替器の特性を測ってみる。
SWEEP周波数範囲は1MHz~60MHz

1.SWRと反射損失(リターンロス)の測定
 ANT1に50Ωダミーロードを接続
50-Setting.jpg

測定操作と結果表示には、パソコン側の"NanoVNA Saver"を使用する。
VNA0_20240222220351fd1.jpg

(1)SWR
SWR特性
周波数/SWR
SWR値
1MHz1.03
30MHz1.10
60MHz1.28


 
VNA-SWR_20240222220354d39.jpg


(2)反射損失(リターンロス)
反射損失
周波数/反射損失反射損失(dB)
1MHz-37
30MHzー24
60MHzー18


VNA-ReturnLosss_20240222220352896.jpg

2.挿入損失とアイソレーションの測定

(1)挿入損失
CH1(THRU)でANT1の通過信号を測定する。
Short-Setting.jpg

結果:
Insert_Loss.jpg

挿入損失
周波数/挿入損失挿入損失(dB)
1MHz-0.07
30MHzー0.30
60MHzー0.50













(2)アイソレーション
 ANT2に50Ωダミーロードを接続
 CH1をANT1に接続
50-Setting2.jpg

結果:
Isolation.jpg

アイソレーション
周波数/アイソレーション(dB)
1MHzー47
7MHzー82
20MHzー57
30MHzー53
60MHzー46



















評価:
リターンロス:60MHzでー18dBだが、SWRは1.3なので使える範囲か。
挿入損失:60MHzでー0.5dBと大きくなる。
アイソレーションは-40dB以上取れているので、~60MHzなら十分の特性。

測定結果の掲載は省略するが、ANT1からANT6までの全ポートを測定したが、各ポート間の差は僅少であった。配置が対称形になっているからだろう。

あとはFT8あたりで100wを入れてみてどうなるか? お楽しみ。

6ch同軸アンテナ切替器の製作(製作編2・完成)

6ch同軸アンテナ切替器の製作(製作編1)」の続きです。

ロータリースイッチと電源コネクタ、基板をケースに取り付ける。
基板はケースと5mmのスペーサーで浮かせると、同軸コネクタの芯線取付位置と高さがあう。
注意する点は、LEDがケース側の照光穴に、しっかりはまること。
ANTSW-3

同軸コネクタを取り付けた状態。
四角、四つ穴なので、ケースに対して斜めになると、見栄えが悪い。
LEDの射光穴は、ぴったり合わせることができた。3mmLED用のブラケットを使用して取り付けた。
ANTSW-1

電源を供給して基板動作確認。
選択したアンテナはLEDでわかる。


次は、SWRとリターンロスを測定してみる。
追記:
秋月電子通商(ネット通販)で購入したパーツリストを載せておく。
PARTS.jpg

今日はここまで。

6ch同軸アンテナ切替器の製作(製作編1)

6ch同軸アンテナ切替器の製作(パーツ購入編)の続きです。

”Aliexpress”同軸リモートアンテナスイッチキット付属の部品をはんだ付けしました。
回路図、パターン図が無いので、実際のパターンを見ながら注意してはんだ付けします。
LEDの極性に注意。
KIMG1634~2

LEDはケース外に照射するため、基板裏面に取付けます。
KIMG1632~2

ケースの穴位置とは現物合わせします。
KIMG1635~2

6ch同軸アンテナ切替器の製作(パーツ購入編)

CQ ham radio 2023年9月号のテクニカルセクションに掲載されていた
   JF7ELG 木幡OMの「6チャンネルアンテナ切替器の製作」
を参考に、ロータリースイッチで切り替える「6チャンネルアンテナ切替器」を製作することにした。
ネット通販の”Aliexpress”でキット販売されている同軸リモートアンテナスイッチです。
商品は、6チャンネル、4チャンネル、キット、完成品から選ぶことができる。
当局は、6チャンネル同軸リモートアンテナスイッチキットを購入した。
定価は3666円ですが、27%OFFの2658円で購入できました。
日々の為替レートで価格が変動するのかもしれません。
また、Aliexpressはコンビニ支払ができないというweb情報があったが、ファミリーマートのマルチコピー機(旧Famiポート端末)に番号を入力しての支払いが難なくできたので、安心した。 
(クレジットカード情報の流出を心配した)

入金後、1週間ほどで品物が到着した。↓
KIMG1627~2

同軸コネクターはキット内容に含まれていない。
基板表裏の状態は、こんな感じ。↓
KIMG1622.jpg

KIMG1629~3

キット以外の必要部品はamazonと秋月電子通商の通販で購入した。
当局の場合、切替はロータリースイッチ方式にしたので、追加部品はこれだけ。↓
KIMG1630.jpg

ケースはタカチのMB14-5-20で、基板サイズに対して余裕をとった。
穴あけが終了すれば、後の組み立ては容易でしょう。
KIMG1621.jpg

組立編につづく

自作ノイズキャンセラーでローカルノイズを消す【動画版】

17mバンドにS9超えの強力ノイズが発生していたので、自作ノイズキャンセラーでノイズをキャンセルする様子を動画で紹介します。



ノイズが消えると、ノイズにブロックされたFT8の信号が見えてきます。
プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)ライフメンバ会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告