スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 復局に向けて RJ-601 」

2014年7月24日(木)

 50MHzAMは「 RJX-601 」でオンエアします。
 1975年の開局デビューもRJX-601でしたが、休局中に売却してしまったため、数年前のハムフェアで購入した”2代目”を準備しました。 安定化電源としては、当時の安定化電源もあるのですが、今回はヤフオクで購入したスピーカー内蔵のWELTZ社製 RS-570 を使うことにしました。


RJX-601.jpg


 外部電源、外部スピーカーを使うにあたって気をつけなければならない点が2つ。(下記回路図参照)
  ① RJX-601の外部電源ジャックは外側が””内側が”-”になっている。
  ② 外部スピーカージャックの外側も””内側が”-”になっている。
 そのため、外部電源プラグをジャックの極性に合わせる。 外部スピーカーのケーブルは安定化電源器
 RS-570のケースに接地しないようにする必要があります。

RJX-601回路抜粋




スポンサーサイト

「 当局所蔵の雑誌(3) 」

初歩のラジオ別冊 ’74部品ガイド


 当局が中学生の頃に買ったもので、ラジオ、エレクトロニクス、オーディオ、アマチュア無線関係の市販部品の解説と価格一覧表が載っています。 各部品の写真や絵が豊富で、電子工作初心者にとって大変分かりやすい解説になっています。 この1冊で電子部品や電子工作の知識とノウハウの多くを学ぶことができ、私の電子工作・自作ライフに大きな影響を与えてくれました。





74部品ガイド
 <主な内容
  ・解説のページ
  ・規格 価格表のページ
    スイッチ、コネクタ、抵抗、コンデンサ、真空管
    トランジスタ e.t.c.
  ・5色カラー 5球スーパーの配線図
  ・抵抗とコンデンサーのカラーコード
  ・部品と記号一覧表
  ・部品の買い方、選び方
  ・メーカーおよびパーツ店住所一覧表
  ・工具一覧






「 復局に向けて IC-390入手 」

2014年8月10日(日)

 7月頃、SNSアマチュア無線グループのOMさんからIC-390を譲り受けることができました。 何人かの方も希望されていましたので諦めていましたが、抽選に当たったものです。 状態も良く大満足です。
 電源「アルインコ DM-130V 」はヤフオクで完動品を安価に手に入れることができました。
 写真はダミーロードを接続し、CWモードで出力の確認をしているところです。
 残念ながら、マイクは無いようなので、別途入手する必要がありました。



140810IC-390_1.jpg


20140810 IC-CK1風
 アイコム純正の電源コード IC-CK1も無いため、ヤフオクでパーツを入手し
 自作しました。

「 当局所蔵の雑誌(2) 」

初歩のラジオ


当局が中学生の頃は、ラジオ(BCL)やオーディオ、アマチュア無線に興味があったので、月刊誌、初歩のラジオをよんでいました。 後年聞いたところでは、この時代のラジオ工作少年は”初ラ派”、”ラ製派”に分かれていたようです。 ”ラ製”というのは、ラジオの製作のことですが、当時、私の周りにはラジオ工作少年がいなかったので、ラジオの製作の情報は全く入ってきませんでした。





初ラ1973_5
 <アマチュア無線関連記事
  ・デソーテー型 アンテナインピーダンス計の製作
  ・だれでも作れる送信機「 50MHz10W-AM送信機 」
  ・だれでも作れる送信機「 3.5/7MHz 1球送信機 」
  ・だれでも作れる送信機「 3.5/7MHz 2球5W送信機 」
  ・50MHzクリコンの作り方 他



初ラ1974_4
 <アマチュア無線関連記事
  ・受信機のはなし ソリッドステートミキサー、オートダイン受信機
  ・ケンクラフトQR-666製作記
  ・7MHz DSB送信機を作ろう 他



初ラ1974_6
 <アマチュア無線関連記事
  ・受信機のはなし 局部発振回路のいろいろ
  ・あると便利 ハム局用のアクセサリー
  ・7MHz DSB送信機を作ろう(VFO) 他






「 第3回 丸山 移動 」

1982年3月21~22日(日~月)


埼玉県秩父郡横瀬町丸山(960m)へのローカル7局による移動です。

 周波数・モード   50MHz:A3J/A1、430MHz:A3J/A1/F3   
 無線設備   IC-502A+自作リニアアンプ+ヘンテナ、TR-9500+3mh8エレ八木 
 交信局数   50局 

19820321丸山1   あいにくの雨天となってしまい

 ましたが、山頂には、以前の運

 用時にはなかったコンクリート

 2階建ての立派な展望台が建

 っていましたので、展望台内に

 テントを設営し風雨を防いで運

 用することができました。




19820321丸山2
 運用局:JF1VKY、JI1NNE、JJ1WPK、JL1LZV、JK1PPY、JK1VOM、JN1NOX

「 米沢市西吾妻山 移動 」

1981年8月14~16日(金~日)


山形県米沢市西吾妻山への移動です。

ローカル5局でJR米沢駅まで夜行列車に乗り、バスで白布温泉へ。 そこからロープーウェイで天元台へ到着。天元台から西吾妻山までは登山道を数時間歩いた所が山頂です。

自動車であれば西吾妻スカイバレー・白布峠まで行けるので、便利ですが、登山道はかなり辛い工程となりました。

 周波数・モード   50MHz:A3J/A1、430MHz:A3J/A1/F3   
 無線設備   IC-502A+自作リニアアンプ+ヘンテナ、TR-9500+3mh8エレ八木 
 交信局数   50局 

19810815西吾妻山

19810815西吾妻山2   西吾妻山は山頂までシラビソ
  やコメツガなどの針葉樹が生
  い茂っているので、見通しは
  よくありませんが、電波のロケ
  ーションは抜群でした。


19810815西吾妻山3  運用局:JF1VKY、JG1RVN、JI1NNE
      JJ1WPK、JK1PPY 


 発行したQSLカードを紹介します。 19810815西吾妻山QSL


 当局が交信した局数は以下のとおり。
東京都   15  神奈川県   7  千葉県   16  埼玉県   15  茨城県    4 
栃木県    4  群馬県    2  山梨県    0  静岡県    1  富山県    1 
福島県   20  宮城県   14  岩手県    4  青森県    1  秋田県    6 
山形県   12  長野県    3  新潟県    2  不明    18  DX     1 

「 武蔵村山市 移動 」

1981年3月22日(日)


東京都武蔵村山市(展望台)に移動しました。

 周波数・モード   50MHz A3J/A1   
 無線設備   IC-502A+リニアアンプ、25mhヘンテナ 
 交信局数   25局 
 同行者    

「 埼玉県入間市 移動 」

1981年3月15日(日)


埼玉県入間市(狭山丘陵)に移動しました。

 周波数・モード   50MHz A3J/A1   
 無線設備   IC-502A+リニアアンプ、4mhヘンテナ 
 交信局数   37局 
 同行者    

「 檜原村 移動 」

1980年11月9日(日)


東京都西多摩郡檜原村(奥多摩有料道路)に移動しました。

 周波数・モード   50MHz A3J/A1   
 無線設備   IC-502A+リニアアンプ 
 交信局数   67局 
 同行者    

「 蕨山 移動 」

1980年8月16・17日(土・日)


埼玉県入間郡名栗村 蕨山(1044m)に移動しました。

 周波数・モード   50MHz A3J/A1   
 無線設備   IC-502A+リニアアンプ、4mhヘンテナ 
 交信局数   176局 
 同行者   JJ1WPK、ex JK1VOM、JK1PPY他 

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。