スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 IC-502A 電源部改造 」

 「 IC-502A 」も保管品ですが、電源プラグ付ケーブルが行方不明となり、動作確認できないままになっていました。
 電源ジャックが3ピンの特殊な形状(下写真)をしており、プラグの市販品はなく、ICOMに問い合わせても製造中止品であるため、入手できずにいました。

IC-502A_1.jpg

IC-502A電源DC

 TRIO機仕様のメモリバックアップ電源コードプラグがヤフオク入手できたので、IC-502Aの電源コードに使えるようIC-502A側のジャックを改造します。
 現状を見ると回路図1番ピンにCharge電流制限抵抗が接続されているようなので、これを外し、3番ピンの配線を1番ピンに替えれば終了。 また、2番ピンは”-”そのままとする。
 また、電池ケースに専用のニッカド電池を入れて充電し使うことはなかったし、これからもないだろうから充電対応しない配線に改造。
          IC-502A改造        TR-7700電源ケーブル 

2014-09-25 IC-502A②

 無事改造が完了し、電源を入れることができました。
2014-10-02 IC-502A①

 TRIO機仕様のメモリバックアップ電源コードをIC-502Aの電源コードに使えるようにするIC-502A側のジャック改造が終了。
 ナイラッチも硬化していたのでSNS繋がりのOMさんから頂いたものに交換し、23年ぶりに火が入りました!CWモードで3.5Wほど・・・いい感じ。
 受信はTS-660同様に空電が受信できているので、とりあえず、お空には通じているようでが、ON AIR局無し。
 問題!マイクをつなぎ、PTT押すも、送信モードにならず(-_-;)
 AFボリュームもお約束のガリガリ君状態。
 今日はここまで。
2014-10-02 IC-502A②
スポンサーサイト

「 復局に向けて TS-660 (2) 」

2014年8月30日(土)

 7月初旬からJVCケンウッドカスタマーセンターに出していた「TS-660」の修理が完了し、戻ってきました!
 症状:①電源ON直後に周波数表示が消える。また、ダイアルを回していると消える場合がある。
       ダイアルUP/DOWNに周波数表示が追従しない。
     ②MODE切り替え、BAND切り替えをすると表示が正常に戻る場合がある。
       等々
 TRIOによくあるPLLアンロックと推測しましたが、修理の腕も環境も整っていないので、修理に出したわけです。
 診断・処置内容:VCO回路の再調整、RF回路BPFの1S1587交換、半田劣化・VR劣化処置、総合調整。 
 しめて18,300円+送料900円+消費税です。 
 30年前のリグなのでダメでもしょうがないと思っていましたが、カスタマーセンターに感謝!! 

2014-08-30 TS-660完了

TS-660修理完了書

「 全市全郡コンテスト 」

 大掃除をしていたら、「第3回全市全郡コンテスト(1982年)」の賞状がクローゼットの奥から出てきました。
 4位だったので、ずっと賞状はもらってないと記憶違いをしていましたが、家族は無線をやってないので、これの価値はわからないだろうとしまいこんでいたんですね。
 自分のコールサインの載ったJARLニュースはずっと保管してましたが、人間の記憶はあてにならないものです。(笑)

                    全市全郡コンテスト4位

     全市全郡コンテスト結果

「 第三種電気主任技術者免状 」

2013年12月17日(火)

第三種電気主任技術者免状』が届きました!
大臣免許(”大臣”と書かれた)は第2級アマチュア無線技士以来です。

電験3種免状

「 DM-800 周波数測定 」

 SNSグループのOMからFBな周波数カウンタをお借りすることができたので、ディップメーターDM-800各コイルにおける発振周波数を測定しました。

2014-12-13 TR5823
 周波数カウンタ : アンリツ社製 「 TR5823
 1300MHzまで測定可能なすぐれもの。




 ↓久しぶりに手巻きコイルを製作しました。 測定用コイルに使用。

2014-12-14 測定コイル

 各コイルにおける発振周波数の測定結果は、アルバムで開きます。⇒測定結果

「 ビル管理技術者免状 取得 」

 本年10月の建築物環境衛生管理技術者、いわゆる”ビル管技術者”試験に合格し、12月14日に免状が郵送されてきました!
 建築物環境衛生管理技術者の詳細については、ここをクリックしてください。

ビル管免状

「 復局に向けて TS-660 (1) 」

2014年7月8日(火)

 50MHzをメインバンドとします。 50MHzは開局バンドだけに、特別なこだわりがあります。
 SSB/CWに「 TS-660 」でオンエアします。
 TS-660は1984年5月1日に秋葉原の九十九電機でスタンドマイクMC-80等とセットで購入(13万円也)したものです。
 しかし、保管していたTS-660を出してきて、電源を入れ、ダイアルを回してしばらくすると、問題が起きました。 下の写真右が正常な時、左が問題発生のものです。 いわゆる”PLLアンロック”というやつです。 この現象は1985年にも起きて修理していましたので「またか!」と思いました。



 近くの数少なくなったハムショップに電話をして、修理が受けられるか聞きましたが、良い返事が得られなかったので、ダメ元で、JVCケンウッドカスタマーセンターに電話したところ、修理を受けられるとのことで、修理依頼することにしました。

TS-660修理依頼書

「 IC-390用マイクの製作 」

2014年8月22日(金)

 OMより頂いた430MHz機IC-390にはマイクがなかったので、純正マイクIC-HM11をしばらくヤフオクで検索したのですが、出品がみつからないので、自作することにしました。      
 注意点としては、IC-HM11は、ICOMの汎用マイク(例えばIC-HM12)とは異なり、マイクアンプが組み込まれていることです。
 回路図は、以下の通りです。
 ・600Ωダイナミックマイク:別途入手したHM-Ⅱマイクエレメント
 ・マイクアンプ電源:IC-390からマイクコネクタに出ている8Vを使用
 ・UP/DOWNスイッチ:モーメンタリー・プッシュ・スイッチ
 ・普通のPTTスイッチは単投で良いのですが、UP/DOWN機能があるため、タクトスイッチを従来のPTTに追
  加して双投入式に対応。

IC-390用マイク回路

20140822 マイク③


製作したマイク内部と裏側のUP/DOWNスイッチ


20140822マイク②     20140822マイク①


「 ディップメーター DM-800 」

 大学生になると、暇にまかせて自作も本格的になり、リニアアンプ、トランシーバーなどを製作しましたが、コイルの製作には、どうしてもディップメーターが必要になりましたが、当時、DELICAやLEADER社製は高価で手が出せず、TRIOのDM-800を購入しました。
 何日か前に保管していた箱から出して、電池を新品に取り換えたところ、全てのプラグインコイルで発振していることを確認できました。 ビニール袋に入れ、元箱で梱包、気温の上がらない部屋に保管していたのが良かったようです。
 もう、30年近く前の測定器です。

TRIOディップメーターDM-800  DM-800定格 




「 久しぶりの秋葉原 」

 久々に秋葉原に部品やらアンテナパーツを調達しに来ました。
 秋葉原でのルートはだいたい決まっています。
 ラジオセンター1階 ⇒ ラジオデパート ⇒ 秋月電子 ⇒ 千石電商 ⇒ ネジの西川 ⇒ ラジオセンター2階

 ・富士無線
   5DFB 20m購入
 ・ロケット・アマチュア無線本館
   アンテナパーツ購入
 ・秋月電子、千石電商
   コモンモードフィルタ、IC-502Aレストア用パーツ購入

 ハム月販、ロケット、ツクモ、山本無線、富士無線、トミヒサ、カクタ、マルゼン、T-ZONE(トヨムラ)、十字屋、昔はアマチュア無線専門店がたくさんあって他店比較で値段交渉もやりやすかったですが。
 今は、ロケット・アマチュア無線本館、富士無線、山本無線の三店だけになってしまいました。


141210ロケット①141210ロケット②
プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。