「 10MHz帯CWトランシーバー(受信部②) 」

10MHz帯CWトランシーバーの周波数構成です。

 受信部の周波数構成

10MHz帯は10.100~10.150MHzの50kHzしかありませんが、VFO(第2局部発振)周波数の可変範囲が600kHzありますので、10.700MHzまでは受信できます。 FM受信機の中間周波数にかかってきますが、ここまで使うことはありませんので、高周波増幅部でカットすることにします。
VFOありきで第1局部発振周波数と第2局部発振周波数を求めたところで、両方の水晶発振子がヤフオク等で探してみると、22MHz6.4MHzがたまたま出品されてましたので、クリスタルフィルタに使う分も含めて購入しました。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告