「 800Hz低周波発振器 」

自作10MHz帯CWトランシーバー(完成はいつになることやら(;´・ω・))の低周波増幅段を調整するために800Hz移相型CR発振器を製作しました。半日程でできるだろうと思ったら、まったく発振してくれなくて、バイアスの見直し、エミッタフォロア追加などをしていたら、発振するまでに3日もかかってしまいました。

151220移相型CR発振回路
回路出典:定本 トランジスタ回路の設計(CQ出版社)

あり合わせの部品を多用したので、部品実装が多くなりましたが、ほぼ設計値(823Hz)に近い周波数で発振してくれました♫。

151220移相型CR発振器調整

VR1の調整で歪みのない正弦波にすると、出力電圧は1.5Vp-pほどになりました。

151220移相型CR発振器波形

積分(微分)1段毎に位相が60度ずれて、3段で60×3=180度、それが増幅器を通ってさらに180度ずれることで380度になるので正帰還がかかる。・・・とても理解しやすい発振回路だと思います。
久しぶりにリサージュを取ってみました。
学生実験以来かな?(笑)

151221位相差②


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告