スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 オーバートーン発振器(1) 」

去年からダラダラ製作している10MHZ CWトランシーバーの第1局部発振器を製作しています。
10.100~10.150MHZ11.900~11.850MHZに変換するた22MHzの発振器です。 とりあえず、発振部のみできたのが、下の写真。
最初は、無調整発振方式で作ったので、水晶発振子が基本波で発振してしまい、3オーバートーンの22MHzでは発振しなかった。
(当たり前の恥ずかしい話)
基板に載ってるシールドケースに入ってるコイルが、22MHzに共振する”FCZ”の21MHzハムバンドコイルです。 これがあって、はじめてオーバートーン発振してくれる。
FCZコイルは、製造中止になっているが、まだ、市場には在庫限り品が出まわっている。

第1局発基板

回路図は近々アップします。
まずは、約22MHzでオーバートン発振してくれたので、安心しました。

第1局発部

波形は、これ。
オシロスコープが100MHzの466なので、横軸はこれが限界。 それほど歪んでないと思いますが。
50オーム端2.5Vp-pくらいは出ているようです。

第1局発_発振波形

FCZコイル2次側に3dBパッドを付け(最初の写真の左下に既に付けている)、エミッタフォロアを追加したら完成します。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。