「 マルコーニ生誕142年 」

今日は、世界で初めて無線による通信を行ったイタリアのグリエルモ・マルコーニの生誕142年の日。

1895年の無線通信実験の成功の後、マルコーニはアイルランド貴族出身の母親の出資と実業家としての手腕を発揮して、1897年にはマルコーニ無線電信会社を創立。
1912年のタイタニック号遭難の際に乗船し、救難信号『SOS(CQD)』を世界で初めて発信した無線技師2人はマルコーニ無線電信会社の社員だったそうです。
救難信号は、近くを航行していた船舶に受信され、救出に向かったことで約700名の命が救われました。
タイタニック号遭難事故をきっかけに、無線通信の重要性とマルコーニの名声は世界中に広まります。
また、同年12月には大西洋横断無線通信(3,200km)にも成功します。
大西洋横断無線に成功したことで、地球の球面が無線通信の障害ならないことが証明され、マルコーニ無線電信会社のさらなる事業発展につながります。

マルコーニ

1937年7月20日午前3時45分、心臓発作後の治療の甲斐もなく亡くなります。享年63歳。
事業家として多忙で苦悩が絶えなかったのかもしれません。

イタリア・ボローニャ県にあるマルコーニが暮らした邸宅は、現在、マルコーニ博物館になっています。(下の写真)

マルコーニ博物館

「父マルコーニ」は、マルコーニの長女、デーニャが執筆した1冊。

父マルコーニ

アマチュア無線家以外の人たちも日々、無線通信のお世話になっています。
無線通信の実用化と発展に大きく寄与したマルコーニの貢献は称えられるべきです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告