「 モールス生誕225年 」

1791年の今日、4月27日は、サミュエル・フィンリー・ブリース・モールス(1791年 - 1872年)の誕生日。
”モールス信号”ではあまりにも有名ですが、ニューヨーク大学の美術教授を務めた画家でもあったことは、あまり知られていません。
過去、海上船舶の緊急時の通信にはもっぱらモールス信号が使われていましたが、今はアマチュア無線など、ごく一部でしか使われなくなってしまいました。

モールスは、1832年にヨーロッパでの美術遊学を終え、アメリカへ帰る船の中で、電磁気学に詳しいチャールズ・トーマス・ジャクソンと出会います。
彼は、前年にジョセフ・ヘンリー博士が発明した「電磁石」の話をモールスにし、実物を見せます。
導線を巻き付けただけの鉄心が、電流を流すことで磁石となり、釘などの鉄片を吸い寄せるという、今でいえば、小学生の理科の実験のような簡単な見世物でしが、電磁石は1829年にスタージョンによって発明されたばかりで、当時の人にとっては最新の科学でした。
モールスはこの電磁石を見て、「この導線を伸ばして、片方から電流を流したり、切ったり操作すれば、もう一方もそれに応じて反応するはず。それを応用して信号を送ることができるのではないだろうか」と考えました。
これが、有線電信機を発明するきっかけとなったわけです。 凡人と天才はここが違いますね。(笑)

しかし、ここからが苦労の始まり。特許闘争と郵便の既得権益を守ろうとする人たちとの争いe.t.c.・・・。
モールス符号と有線電信システムの特許を取得できたのは、11年後の1840年になります。

モールス

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告