スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 自作空芯コイル① 」

以前から作りたかった自在ブッシュを使った空芯コイルを製作しています。
[材料]
●昭和レトロなバスクリンの空き缶
●Φ1.6のPEW 10m
●自在ブッシュ ELPA KG-016H(アンテナ空芯コイル自作の定番)
・寸法:A 1.7mm、B 3.7mm、C 4.0mm、D 1.2mm ・・・A,B,C,Dはどこの寸法か?
・板厚:1.7mm

バスクリンの空き缶を芯にコイルを巻きます。 缶といっても筒の部分は厚紙のようです。
この自在ブッシュの場合、PEWの径は1.6mmが限度です。それ以上太いと、溝に入りません。

自作空芯コイル2

缶に適当な裏紙を巻いて、その上に自在ブッシュ4本を両面テープで止めます。

自作空芯コイル1

コイル寸法:直径=70mm、 長さ=125mm、 ピッチ=約2.8mm、 巻き数=44回

途中経過省略。
PEW、10mをすべて巻いたら、接着剤でコイルを固定します。
接着剤は、コニシのGPクリヤーボンドを使います。 GPクリヤはナイロン製の自在ブッシュにも接着できます。

乾燥途中ですが、インダクタンスを測定すると、46.8μHになりました。

自作空芯コイル3

接着剤は速乾性ですが、完全乾燥するまで36時間ほどかかるようです。 じっと我慢です。

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。