「 ICF-5800再組立て 」

ICF-5800(1台目)のトラッキング調整が終わったので、再組立てをおこないました。
注意点、ポイントは2つ。

(1)バンドインジケーターの位置
 バンドインジケーターとカム、バンド切換えスイッチの位置を合わせておきます。
 バンドインジケーターの緑表示をFM(一番左側)にしたときのカムの位置を写真のとおりにします。
 本体基板のバンド切換えスイッチをFM((一番左側)にして、本体基板にシャーシを載せます。

160708_組立て開始4

(2)ダイアルフイルムの取り付け
 ダイアルフイルムユニットの周波数表示の下限(白い点)を写真の黄色矢印位置に合わせながら、

6_160621_フィルム1

 ダイアルフイルムユニットのギヤをプーリーの穴にはめ込み、赤丸位置を上から押すと、ダイアルフイルムユニットがカチッとシャーシに固定されます。 難しいのは、ここまでで、あとは、分解したときの手順と逆に組み立てればOK。

160708_組立て開始3

配線類を綺麗に整えます。

160708_組立て開始2

通電して、各バンド、ダイアルなどを動かしながら受信状態を確認して問題なければOKです。

160708_組立て開始1

この状態でしばらく使ってみます。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告