「 ICF-5800周波数直読化 」

レストアしたICF-5800。 快適に使えていますが、ダイアル表示がアバウトなので、周波数がわからない。 昔(中学生の頃)は、それが普通だと思っていたので、気にしていませんでしたが、やっぱり受信している周波数を知りたい!

というわけで、外付けで周波数カウンターを取り付けることにしました。
今さら1から周波数カウンターを自作する時代ではない。 今は、Amazonでもヤフオクでも、安いけどそこそこ使える中華製の波数カウンターが購入できます。 当局がヤフオクで購入したのは、青色7セグメントLED6桁のこれ。 

6桁周波数カウンター3

中間周波数(例えば455kHz)を減算、加算設定できるので、局部発振周波数を入力してあげれば、受信周波数を直読表示できるとというわけです。

局部発振信号は、局部発振部からバッファを通ったトランジスタQ5のエミッタです。
ここから0.01μFのコンデンサでピックアップした信号を「REC OUT」ジャックから外に引張り出しました。
今の時代、アナログテープレコーダー用の「REC OUT」ジャックは使うことはないでしょう。

160722_ICF-5800_IF信号取出し点

製作の途中経過は省略します。 
完成した周波数カウンターをICF-5800に接続して、ラジオNIKKEI第2を受信しているところです。

160718_ICF-5800_3.jpg

遮光パネルは、秋月電子で購入したスモークアクリル板です。 なかなかいい感じに仕上がりました(^^♪ 。

160718_ICF-5800_1.jpg


160718_ICF-5800_2.jpg


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告