スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 4chメモリーキーヤー入手 」

CQ ham radio、2008年6月号の付属基板を使った4チャンネル・メモリーキーヤーの手作り動作品を入手しました。
CQ誌は以前入手してあって、未使用の付属基板も付いていたのですが、この4チャンネル・メモリーキーヤーは、それとは別物。
ケースに入って、接続ケーブルも付いていて、2,600円。 マルツ電波で基板付き製作部品セットを購入すると、2、580円なので、お得な買い物でした。

OIKEY-F88_1.jpg

フロントパネルには、電源スイッチ、LED、スピード調整ボリュームとモニターブザーの音量ボリューム、そして、キージャックがあります。 モニターブザー音は、リアパネルのスイッチOFF操作で出さないようにできます。
OIKey-F88”と刻印されているのは、前の持ち主のオリジナルなのか、製作講習会などの提供品なのかはわかりません。

OIKEY-F88_2.jpg

基板実装部品はこれだけ。 ほとんどの機能は緑のシールが貼ってあるPICマイコン任せになります。
左側の4つのタクトスイッチMEMO-1~4は、オリジナルメーッセージの書き込みやブザーON/OFF、パドルの記憶解除、バグキー・モードの設定のためのものですが、特に使わなくてもよい機能スイッチです。
モード切替えスイッチSW5は未実装です。 SW5は、コールサインのランダム自動発信やCQ呼び出しの自動発信に使用するようですが、前の持ち主は、この機能は不要と考えて実装しなかったのでしょう。

OIKEY-F88_4.jpg

DC電源をつないで、電源スイッチをONすると「QRV」(”こちらは用意ができました。”を表す無線局運用規則によって規定されるQ符号の一つ)がモールス信号で発信されます(^^♪。(Key out側には出力されません。)

さてさて、メモリー・キーヤー・デビューとなります。 練習しないと。(;´・ω・)



ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。