スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 MVアンテナの製作① 」

エネルギー管理士試験や諸々あって、ブログを更新していなかった。 4か月ぶりの投稿になる。
VCHアンテナのおかげで、7MHzでのQRVはそこそこ楽しくやっているが、未知の10MHz帯にもQRVしたくなったので、MV(マイクロバート)アンテナを自作することにした。
 参考にするブログやHPはたくさんあるが、設計方法が詳しく書かれている「CQ誌 2016年8月号」のテクニカルセクションを参考にする。  ワイヤー・ラジエータ・ラジアル分離型となる。
 
MV-ANTENNA171117.jpg

 主な製作パーツは上の写真にあるCMF(コモンモードフィルタ)とラジアルの延長コイルになる。 どちらも100均のケースを利用して製作するが、ポリプロピレン製なので、いつまで紫外線に耐えてくれるか(´;ω;`)。

 延長コイルはこんな感じで。 Φ0.9PEWを巻いている。

MV-COIL-1.jpg

 計算では、21と1/2の巻きで38μHはずだが、実際は18と1/2の巻きで39μHとなった。
 直径と長さの違いがでたか? 

MV-COIL-2.jpg

 CMFは、フェライトコアFT-114#43に1.5D2V同軸ケーブルをW1JR巻きで16回巻いた。 フェライトコアの径の関係で、これ以上巻くことはできない。 50Wでの使用を想定しているので、FT-114でも大丈夫でしょう。

MV-CMF-1.jpg

 FRMS2でCMFの減衰量を測定。
 10MHzで-34.4dBとなった。 インピーダンスに換算すると、およそ2.62kΩになる。

MV-CMF171117.jpg

今日は、ここまでで終了。

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。