FC2ブログ

「 デジタル通信 環境構築1 」

1.パソコン
 JT65モード等のデジタル通信は、一度に複数局の信号を同時にデコードするため、使用するパソコンには高い処理能力が求められる。 当局は、たまたま新しいパソコンの購入を予定していたので、以下の基本仕様のパソコンとした。
・CPU インテルCore i5
・メモリ容量 8GB
・OS windows10(64bit)
・15.6インチノート型(ノートの方がシャック以外で作業したい場合に都合がよい。)

2.無線機
 近々、新しい機種の購入を計画しているが、とりあえず、手持ちのTS-430Vとする。 昔々のVFO機だと周波数の安定度の点で問題になりそうですが、PLL機ならなんとかなるでしょう。

3.インターフェース
 無線機とパソコンを接続するI/Fです。 既製品もいろいろ出回っているけど、アマチュア無線技士なのだから、このくらいは自作しないと。 それほど難しくはない。

4.JT65アプリケーション(1)
 もっともポピュラーな「 JT65-HF-HB9HQX-Edition 」のVersion5.2をダウンロードしました。
 インストール後、JA1FMN山西OMが改良した日本語版を適用します。
 詳細は「JT65入門マニュアル」にでています。 起動後の画面は、以下のようになります。 ユーザーインターフェースが日本語化されています。

JT65-HF_HB9HQX日本語版

5.JT65アプリケーション(2)
 現在デジタル通信で最も使用者が多いFT8の場合、「 WSJT-X V1.8.0 」が使いやすそうなので、これもダウンロードしました。

wsjt-x画面0

なお、各アプリケーションのセットアップ・設定については、「JT65入門マニュアル」や「CQ ham radio 別冊QEX No.24」などを参考にしてください。

6.PSKREPORTER
 自分の電波がどこまで到達しているか、バンド・コンデション状況をモニターするのに便利なツールです。 上記アプリケーションの設定によって、自局でどこの局、地域、エンティティが受信できたのかも表示可能です。

PSKreporter画面

続く

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告