FC2ブログ

「 デジタル通信 ハードウェアI/F 」



狭帯域デジタル通信の運用には、近々新しい無線機を導入する計画ですが、まずは現状所有しているTS-430Vを使って狭帯域デジタル通信デビューしてみます。 

40m_FT8受信1

TS-430Vの背面には、<REMOTEコネクタ>があり、スピーカー出力の取り出しとPTTコントロール(スタンバイ端子)ができます。

REMOTEコネクタ

<REMOTEコネクタ>には残念ながらマイク入力がないので、変調信号は、全面パネルの<MIC端子>から入力します。

TS-430V_MIC端子

ハードウェアインターフェースとしては、以下のようなインターフェース基板を製作しました。
送受信のAudio信号は小信号トランス”ST-23”でアイソレーションをとり、直流的にパソコン側と無線機側を分離しています。
RTS→PTTコントロール信号は、フォトカップラ”TLP521"でアイソレーションをとりました。

JT65_IF基板2

パソコン側のAudio信号入出力には、USBタイプのサウンドカードを使います。 外部サウンドカードを使うことで、パソコン内のノイズのAudio信号への混入を軽減します。

UGREEN USB オーディオ 変換アダプタ

また、パソコン側にはシリアルポートが無いので、RTS信号は、USBシリアル変換ケーブル(変換名人など)を接続してインターフェース基板に入力します。


ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告