スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「 8桁周波数カウンターキットの製作④ 」

タカチのプラスチックケースPB-4に電源スイッチ、ゲート時間切り替えスイッチ、BNCプラグ、基板ネジ止めビス穴の加工をし、基板を納めました。 9V電池の固定はマジックテープで行う予定です。
ケースが大きすぎるかなぁと思いましたが、1/10プリスケーラーを組み込むことを考えていますので、ちょうどよいサイズです。 プローブは1.5C-2Vケーブルにワニ口クリップをつなぎ、接続部分を熱収縮チューブで固定しました。

150317F_CASE.jpg

プローブに電線を1ターンの輪にしたものを接続し、TS-660の上に置いてCWモードで送信したところです。
TS-660で50.0900MHz表示になっていますが、周波数カウンターは882Hz多く、50.090882MHzを表示しています。
TS-660は、1桁目が100Hzなのでこの桁は誤差と考えられますから、周波数カウンターの値もそれほど間違っているとはいえないでしょう。 どっちが正しいかわかりませんが、実用上は問題なさそうです。 基準周波数源がないので、これ以上は確認のしょうがないです。
150317F_5009.jpg

ブログランキングに参加しています。 応援宜しくお願いします。
こちらをクリックしてください。↓
ブログランキング



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JI1NNE

Author:JI1NNE
自己紹介

1975年に電話級アマチュア無線技士従事者免許を取得、高校クラブ局を経てアマチュア無線局
『 JI1NNE 』 開局
・第一級アマチュア無線技士
・日本アマチュア無線連盟
 (JARL)終身会員

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
広告




カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Propagation
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
広告
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。